学力差異の影響

偏差値は中学受験でも高校受験でも大学受験でも重要な数値となりますが、数値をどう読むか理解しておかないと自分がどのレベルにいるのか判断できません。偏差値は平均値を50としてみる数値で、単純にいうと50よりも上なら成績がいい方、50よりも下なら平均よりも下、つまり成績が悪い方となります。

レベルの高い学校であれば、50以上でありより50にプラスされた偏差値がよい成績となるのですが、テストを実際に受けた人たちが「どのくらいの学力レベルを持っているか」によって偏差値の見方に違いが出てきます。

お子さんが通っている塾が県内でも上位に位置する塾であり、その塾内で受けたテストの結果は、全国テストの結果の偏差値よりも低く出る、という事を理解しておきましょう。逆に、お子さんが通っている塾が県内でも学力レベルが低めという場合、全国テストの結果の偏差値よりも高く出るのです。

そのため、学力レベルが上の塾に通うお子さんの偏差値が例えば50という場合でも、全国区で見れば上になるはずなので、だいたい55くらいはあるかなと見る事ができます。逆に学力レベルが下の塾に通うお子さんの偏差値が50だったとしても、全国区で見ると下がると理解し、45くらいかなと見る事ができます。