中学受験に成功するために

中学受験を志す年齢ですが、各家庭によって違いがあります。教育に熱心でお子さんの将来について早い段階から考えてきたという保護者の場合、小学校低学年時から進学塾を利用する事もありますし、自宅学習用に漢字ドリルや計算ドリルなどを行っているという事も、当たり前の世界です。

以前は中学受験を目指す場合、小学校高学年になってから進学塾や指導などを考えればいいとされていました。でも、今は少なくとも小学校高学年、また小学校4年生位で進学塾などに通い始めます。

この時点でどのくらいの偏差値があるか、これを理解しているとその先役に立ちます。偏差値をあげるのは難しいことですが、偏差値が30などかなり低い場合、それを40にあげるのはそれほど難しい事ではありません。難しいのは50以上の偏差値をあげていく作業です。

完全な志望校は決まっていないと思いますが、だいたいこういう学校に行きたいなという希望があるでしょう。その学校の偏差値を確認し、その偏差値を目指して数字をあげていく努力が必要となります。志望する学校の偏差値が分れば進学塾でも対応しやすくなります。

偏差値を志望校の偏差値にどうあげていけばいいのか、そのノウハウを理解しているのが、大手進学塾など、中学受験に特化した指導を行っている塾です。