中学受験と偏差値

超難関校に強い大手進学塾は常に早い段階で受験に必要な偏差値をとらえ、塾の生徒、またホームページ上などに閲覧できるようにしています。難関校と呼ばれる中学でも、多少の変化が見られる学校もあり、自分が志望する学校の偏差値は誰もが気になる事でしょう。

一般的に超難関校を受験するために、有名大手進学塾、つまり塾の中でも学力上位のお子さんが通う塾では、模擬試験においても偏差値が低めに出るという傾向がありますので、中学受験を目指すお子さんは、塾選びの際、塾の偏差値だけではなく、自分が行きたい学校の数値としっかり比較しながら考えていく事が重要です。

学力が上位ではないというお子さんは、超難関校ではなく中学受験実施校でも中堅クラスの学校を狙っていくと思いますが、超難関校志望のお子さんを相手にする塾の模試を受けるのなら、偏差値は低めに出ると考え、実際に出た偏差値よりも少し高めと考慮し志望校を決めていく事が必要です。

偏差値は明確な数値ととらえている方も多いのですが、明確ではなく、分析して志望校決定に活かす事が必要となるため、塾の先生など中学受験と偏差値の見方をよく理解されている方に、志望校の相談をして決定していくと安心です。