偏差値と志望校について

偏差値は志望校決定の材料となるものですが、中学受験における志望校の決定はお子さんの性格、学校との相性、学校の教育方針などを総合的に判断する事が必要で、偏差値はその材料の一つです。偏差値だけで志望校を決定する事は中学受験においてとても難しいことです。

あるお子さんは成績がよく、志望校の合格ラインに十分届くものでした。しかし結果、第一志望は不合格、なぜこうしたことが起こるのかというと、最近の中学受験の出題傾向に理由があります。中学受験実施校の中にはかなり個性的な問題が出題されることがあります。以前話題になりましたが、アニメのロボットキャラクターについて記述式の問題が出題されました。こうした個性的な問題は模試に登場しません。

進学塾の模試は、中学受験を実施する中学の入試問題を平均的にとらえ出題しています。難問や正確性、スピードが重要視される計算問題など、一般的に中学入試に出題される問題が出題されるのです。つまり個性的な問題については出題されないため、こうした問題が出題される学校を受験する場合、あまり偏差値があてにならないといわれているのです。

偏差値が中学受験入試に全く関係ないという事はありません。ただ、進学塾で行われる模試と中学受験の入試問題に格差がある場合、偏差値があてにならないという結果になる事がある、という事を理解しておくべきです。