偏差値が低くても大丈夫

中学受験を目指すご家庭では、模試の結果イコール成績と考えるため、模試で出た偏差値の数値が悪いと、いい学校に行けない、将来を見据えた教育ができないと考えがちです。でもこれは「そうとも言えない」のです。

中学受験実施校の中には偏差値が低め、つまり50以下でも入学できる学校があります。保護者は出来る限り偏差値の高い超難関校へ入学する事が、将来有名大学進学のためになる事と考えます。これは当然のことなのですが、「中学・高校の6年間で難関大学に合格させる実績を持つ中学」が存在しています。

一般的に中学受験を実施する学校は中高一貫教育校です。私立中学も中学、高校とエスカレーター式、また大学の付属校となると、一定の成績を保持していれば大学までエスカレーター式といえます。最近多くなっている国公立の中高一貫教育校も、中学、高校とエスカレーター式で6年間一貫した教育方針の指導を行っています。

その中にはもちろん超難関校と呼ばれる人気の御三家もありますし、偏差値が高くない学校もあります。偏差値レベルが高くない私立中学、中高一貫教育校の中に、偏差値が低い状態でも合格できる学校があり、今注目されています。入学時偏差値が低くても、独自の教育方針で難関大学に入学させているなんて、保護者からするとこれは魅力的な学校となります。