偏差値を向上させる中学

中学受験を志すご家庭では、お子さんの偏差値をどうあげていくか、これが大きな問題で、多くは進学塾や個別指導塾、家庭教師などレベルの高い指導を受け、お子さんの偏差値をあげることに必死になっています。ただ偏差値が上がらない状態でも、入学し中学、高校年代を一貫した教育方針によって指導を受けることで難関大学に入学させている中学もあるのです。

「合格しやすくしかもいい大学へ行ける可能性がある」という中学は保護者からも注目されています。どういう教育を行っているのかというと、少人数規模の教育です。一般的に中学受験実施校は大人数のところが多いのですが、全校生徒が200人以下という生徒数で、全生徒にしっかりとした指導をしやすい教育環境を作り上げています。

大勢の生徒がいてその中で学力によってクラス編成を行い、切磋琢磨させて成績を上げていくのではなく、少人数制できめ細かな指導を行い低い偏差値のお子さんも上位大学に入学させるという教育を行っているのです。

偏差値が高くないと難関大学に合格できないという従来の決まりごとを覆した学校は、学力がなかなか向上しないお子さんをお持ちの保護者にとって非常に魅力的な学校として注目されているのです。