偏差値と併願校選定

中学受験に取り組むご家族にとって、一番悩むのが志望校です。中学受験を目指すのは小学校4年生、遅くとも小学校5年生、6年生です。ご家庭によっては小学校低学年から進学塾に通う選択をされているご家庭もあります。早くから取り組むのがいいのか、遅くてもいいのか、それはお子さんの勉強への取り組み、やる気によっても違いがあります。

学習するリズムを付けるという事を考えると、低学年時から中学受験に向けて取り組むことがいいのですが、高学年になってから中学受験に向けて準備を始めるという事でも、お子さんのやる気次第で中学受験のための学習は十分可能です。

第一志望の決定は小学校6年生の秋あたりに行えばいいのですが、併願校やお試し受験を行う学校など、5校くらいはチョイスしておくことが必要なので、志望校という大きな枠で数校選択しておくことは早めに行います。

こうした中学受験する学校を数校選出するために利用するのが偏差値となります。偏差値に加えて志望する学校の教育方針や指導カリキュラムなどがお子さんにあっているかどうかなど総合的に判断していく事が必要です。

ただ偏差値については中学受験の入試問題との偏差があるため、一概に数字が足りないからこの学校は除外するという考え方はよくありません。偏差値が十分あるので問題なく合格できるという事もないので、偏差値の幅を10くらい持たせて数校の学校を選んでいきましょう。