偏差値は学習の仕方にも応用できる

小学校高学年になると中学受験を目指すお子さんは受験体制に入ります。現代では進学塾でも中学受験に沿った低学年クラスを設け、低学年から中学受験を考慮した勉強を行う、というご家庭も多いです。首都圏や関西圏など私立中学などが増加傾向のある地域では、中学受験を考慮するご家庭が多くなっています。受験するご家庭が希望するのは、やはり出来る限りいい中学で、難関校と呼ばれる学校が人気校です。

ご家庭ではどうやってお子さんの成績を向上させるか、偏差値をあげていくかを考えるわけですが、思うように偏差値が上がっていかないお子さんもいます。またずっと偏差値が伸び悩んでいたのに、小学校6年生の夏を過ぎたらいきなりいい数字を取ってくるようになったというお子さんもいます。

成績が上がらないお子さんは何が問題なのか、ということを考えることが重要です。偏差値だけを考えるのではなく、勉強方法を考えることが重要です。今行っている学習で成績が伸びないのですから、例えば、集団指導の進学塾なら特に点数が悪い苦手科目について個別指導を利用する、家庭教師を付けるという方法もあります。偏差値の推移を確認し、塾の先生に相談しながら成績が上がる方法を考えていく事が重要です。