偏差値をあげるには

中学受験の入試問題に必要な学力というと、第一に基礎学力です。基礎学力が低いと応用問題にチャレンジする時、解く事ができないからです。基礎学力の向上が中学受験を志すお子さんに最も必要な力です。基礎学力を持っているからこそ、様々な問題を解く力が生まれますし、思考力や判断力、想像力が必要な入試問題に対応できるようになります。

基礎学力を上がると自然と偏差値も上がっていきます。例えば小学校5年生、6年生になってなかなか成績が上がらない、偏差値が上がらないというお子さんに大変でも基礎学習をやり直し学習させること、これが偏差値をあげていく学習となります。

普段の学校のテストなどは、暗記しておけば何とかクリアできる問題も多いです。でも中学受験の難問となると、暗記だけではクリアできません。中学受験の難しい問題は、通常行ってきた勉強法では全く対応できないのです。そのため、小学校低学年から基礎学力をしっかり身に着けられるように、進学塾でも低学年クラスが誕生しています。

偏差値が上がらないお子さんは個別指導塾や家庭教師を利用し、面倒でも基礎をしっかりやり直すことが大切です。進学塾とダブルスクールとなっても基礎を出来る限り磨き、中学受験に挑みましょう。