レベル違いの塾は偏差値を下げる

中学受験を目指す多くのご家庭は、大手進学塾、つまり学力レベルが一定以上ないと入れない塾を目指します。大手進学塾の中でも入塾テストによって合否判定を行い、お子さんの不利落としを行う塾では、その塾に行くための塾が存在しているというくらいです。この進学塾に入る事ができなければまるで中学受験に成功しないといわんばかりに、保護者はこうした有名塾に固執します。

でもこれは間違いです。まずお子さんの偏差値を見てください。全国模試については小学校3年生から受ける事ができるので、この全国模試を利用しお子さんの偏差値を確認します。中学受験の準備を小学校低学年から行っていないお子さんは、この模試の結果、偏差値が低くてもこれは当然、問題視しなくても大丈夫です。

出来るだけ早い段階でお子さんの偏差値を理解して置けば、小学校4年生、少なくとも小学校5年生で塾に行くとき、塾選択の大きな指針となります。あまりにも学力の開きが大きい塾に行けば、学習のスピードについていく事ができず、結局偏差値を下げることにつながります。

お子さんの偏差値をよく理解し、その数値に見合った進学塾を選択する事が望ましいでしょう。また早めに模試を経験させることで、全国平均からかなり低い科目があれば、苦手科目の対策も早くから考慮する事が可能となります。