偏差値と中学受験難易度

中学受験を実施する学校の中にも人気校、人気ではない学校があります。また私立中学があり、公立の中高一貫教育校があります。難関校と呼ばれる私立中学などは非常に人気が高く、倍率も高いです。もちろん御三家と呼ばれる超難関校は偏差値も高く、合格を目指すためには人より多くの努力が必要となりますし、長い期間をかけて基礎学力磨きから応用問題を解ける思考力などの特別な学力を得るまで、計画的に勉強していく事が求められます。

ただ、中学受験で合格率が低く難関校と呼ばれる学校全てが偏差値も高いという事はありませんし、難易度がイコールになるという事もありません。例を挙げてみると、今全国的に人気が高くなっている公立の中高一貫教育校ですが、非常に高い倍率を誇っています。倍率が高いという事は合格難易度ももちろん高くなりますが、だからといって偏差値が高いという事はないのです。

合格難易度がそれほど高くない学校でも、偏差値が高いという学校も存在するため、難易度と偏差値は分けて考えなくてはなりません。教育方針が魅力的なもので、建学の精神も素晴らしく、施設も美しくスポーツも盛ん、生徒が生き生きと学校生活を送っている学校は偏差値が低くても人気があり合格難易度が高くなるという事もあります。