低学年から模試の利用を考えよう

小学校低学年を対象とした進学塾のクラスがあり、また小学校3年生から受ける事ができる模試があるなど、中学受験準備は徐々に低年齢化しています。なぜ低年齢化しているのかというと、お子さんの学力がどの程度にあるのかいち早く知る事ができ、その時点で偏差値が低く学力が低いという事が分れば、本格的に中学受験準備に入る小学校4年、また高学年時になってあわてることもないからです。

大手進学塾では基本、小学校4年生から中学受験体制と考えているところが多く、その為、小学校3年生から受ける事ができる模試は重要と考えています。模試によって早く偏差値が判明すれば、漠然とこの学力レベルの学校と志望校を絞る事もできます。第一志望については、小学校6年生の秋に決定すればいい事なのですが、複数校名前を出しておくことで、早くから受験情報を得る事にもつながります。

小学校3年時の偏差値を理解する事で、今低学年のお子さんにどのような学習が必要となるのか把握する事もできます。偏差値が低く基礎学力に遅れがあると考えられるお子さんは、基礎学力向上のため、個別指導塾を利用する事もできますし、塾を利用されていない方は、進学塾の低学年クラスに入り、徹底した基礎学力指導を選択する事も可能です。